H2DO WORKS nirasaki

WORKS 韮崎地域情報センター

スーパーマーケットから行政施設へのコンバージョン

地域情報センターとカフェベーカリーによる駅前交流活性化施設

JR韮崎駅前のスーパーを「市民交流センター」にコンバージョンする施設の1階、「地域情報センター兼店舗」の計画です。
地域情報センターは観光案内、物販、サッカーミュージアムが置かれ、店舗部分はカフェベーカリが出展し、駅前の交流や情報発信拠点の役割を担います。一体的空間と可変・可動家具により、各コーナー相互の領域を超え相乗効果を導き、市民や市へ訪れ方々の様々な活動や交流が生まれる場を意図しました。
当施設新設に伴い、既存市民会館は閉館され機能移転されます。記憶の継承やコストと廃棄物の削減から、什器等を再利用する事としました。

駅前ロータリーからの眺め

地域情報センター


観光情報等の発信や交流イベントを行い、駅前の活性化の役割を担います。

カフェベーカリーから地域情報センターの眺め

再生家具


地域情報センターとカフェベーカリを一体的空間としてデザインしています。
手前の多目的家具は再生素材により製作されています。

多目的家具(用途別可変空間)

レイアウト変更スライドショウ
カフェギャラリー:一体型カフェギャラリー:分離型パブリックビューイングセミナー


再生素材の多目的家具は6つのパーツに分解可能で、組合せによりカフェスペースやギャラリー展示台、パブリックビューイングやセミナーなどを行えるスペースとなります。

地域情報センターからカフェベーカリーの眺め

可動什器


物販什器等は可動+分離式となっており、季節や販売物に応じて、色々なレイアウトを組むことが出来ます。

再生家具

収納スライドショウ
再生多目的家具多目的家具天板、再生前ナトー無垢材ビデオ棚多目的家具脚部、再生前FRPベンチ脚部多目的家具アップ


一つのテーブルに三つのテーブルをスタッキングしてコンパクトに収納、移動することが出来ます。

ネストテーブル(スタッキングテーブル)

スタッキングテーブル



一つのテーブルに三つのテーブルをスタッキングしてコンパクトに収納、移動することが出来ます。