HOME > WORKS > WORKS-House-C

地上に浮いた地下の家 -高密度商業地域に立つRC3階建ガレージハウス-

南面ファサード

ファサード見上げ

1Fガレージ

外構照明

リビング空間

3階とキッチンの眺め

約50畳のリビング空間

間接光の降りそそぐリビング

3階客室

ロフト空間

寝室スチールサッシ

1Fガレージスペース

壁面造作ウォークイン家具

壁面造作扉オープン

浴室鋳物浴槽

木漏れ日螺旋階段

木漏れ日螺旋階段1F

浴室ドア

トップライト

スチール梯子

シャワールーム

ペーパーフォルダ

バーシェルフ

玄関プッシュオープンドア

回転テーブル

傾斜引戸とスチール梯子

寝室の眺め

3階階段部分

ミニカーショウケース手摺

玄関収納

室内夜景

ファサード夜景

Photo by Ryota Atarashi

敷地周辺環境と住空間環境  -高密度な商業地域における静寂のある落ち着いた居住空間-

東京都立川市の商業地域に位置する、RC3階建てのガレージハウスプロジェクトです。敷地が高密度な商業地域のため、住居としての採光や通風、視線等に配慮した計画が必要となりました。
クライアントの要望として、車2台とバイク3台のガレージスペース、広いオープンスペースがありました。そこで、一階全体をガレージスペースとし、2階・3階に居住スペースを設けることにより、採光やセキュリティ等の居住環境を改善しました。クライアントは安定的な温熱環境を好んだため、窓を減らし、トップライトやハイサイドライトから光を取り込む仕組みとし、外断熱としました。その結果、地上でありながら地下のような、都市の喧騒から距離を置いた、静かで落ち着いた空間となりました。

上部から降り注ぐやわらかい間接光の広がる、広々としたオープンスペース

2階居住空間においては、生活空間をコンパクトにまとめ、人が集まれる大きなオープンスペースを設けました。2階全体の大きなワンルームの中にボックスインボックスで必要なプライベート空間を設けました。その結果、残りのオープンスペースは50畳を超える広さとなりました。
内装や造作家具は素材を統一し、家具に可動性を持たせることで、使い勝手もよく統一感のある空間としました。

コンパクトな居住空間と、光をもたらすサンルーム

寝室には、ベッド・デスク・ウォークインクローゼットをコンパクトにまとめました。開口部はシンプルなL型のスチールサッシとしました。クライアントの要望により、浴室には、シャワー・浴槽・トイレ・洗面台・洗濯機がワンルームに配置されています。
2階と連続した3階は、トップライトとハイサイドライトから間接光が差し込み、空色の内部仕上げで淡く優しい光の広がる空間としました。拡散光をオープンスペースに届けるサンルームとして、また煙突効果で自然換気を行うバッファゾーンの役割を果たします。

オリジナルデザイングッツ

2階に上がる階段は、踏板を4種類の幾何学模様でデザインし、レーザーで切り抜き加工しました。トップライトからの光が木漏れ日のように差し込む螺旋階段となりました。その他にもこの住宅の空間に合わせて、ペーパーホルダーや回転テーブル等、オリジナルグッツをデザインしました。

□計画概要
所在地:東京都立川市 用途:戸建住宅 家族構成:男性一人 構造:RC一部鉄骨造3階建